関空からバリ島へ。ジェットスターを使ったご提案!

ジェットスター
ジェットスター路線図

関西空港からバリ島への直行便に関しては2023年11月現在、運航されておりません。直行便の再開が本当に待ち遠しいですが残念ながら再開の情報は聞こえてきません。

そんな関空からのバリ島旅行を計画するにあたり、ジェットスターを利用したプランをご紹介いたします。

日本からの唯一の直行便である成田発ガルーダ・インドネシア航空に関空からジェットスターで移動して乗り継ぐプランです。

2023年11月から毎日運航となり、便利となったガルーダ・インドネシア航空ですが成田空港を午前11時に出発します。それに間に合うジェットスターの飛行機を利用します。関空を7時35分に出発して、成田に9時到着。12月からは8時40分に変わりますので少し余裕ができますね。

成田に到着しジェットスターに預けた荷物を受けとり、ガルーダ・インドネシア航空へチェックインとなります。

おすすめポイントとして、ジェットスターは通常預け荷物は有料です。しかし、ガルーダ・インドネシア航空との乗り継ぎとしてご利用いただく場合には無料となり、重量制限もガルーダ・インドネシア航空に準じます。エコノミークラスは46kgまで無料で預けることができるのです。これはお得ですよね。ただし、ガルーダ・インドネシア航空を通してジェットスターを予約した場合に限ります。ジェット・スターだけを予約した場合は適用されません。

ビジネスクラスの場合はどうなるでしょうか?ジェットスターの日本国内線にはビジネスクラスはありませんので、エコノミークラスで成田へ移動していただきますが預け荷物はガルーダ・インドネシア航空に準じますのでビジネスクラスとして預けることが可能です。ビジネスクラスは64kgまで無料です。

注意点としてはスポーツ用品の無料サービスはジェットスターでは適用できません。スポーツ用品を含めて制限重量内に預けていただければと思います。または宅急便などで成田空港での受け取りをご検討ください。

乗り換え
乗り換えイメージ

ジェットスターは成田空港の第3ターミナルを使用しています。到着後は無料のターミナル間連絡バスを使ってガルーダ・インドネシア航空のある第1ターミナルへ。連絡バスは5分から7分間隔で運行されています。

バリ島から帰国した場合はどうでしょうか?ガルーダ・インドネシア航空は朝8時40分に成田空港に到着します。

ジェットスターは成田発12時30分または15時55分。少し時間が空きますが、落ち着いて移動ができると思います。

関西空港からですとシンガポールやマニラでの乗り換えがよく知られていますが、海外での乗り換えは何かと不安な点もありますよね。ジェットスターを利用して成田での乗り換えであれば、言葉の心配もいりません。ガルーダ・インドネシア航空に乗ってしまえば次の到着地はもうバリ島です!

関西地区からのバリ島旅行、ジェットスターとガルーダ・インドネシア航空の組み合わせはいかかでしょうか?

関連記事

  1. 海外レンタルwifiのススメ

  2. 2024年ゴールデンウィークは混んでいる?

  3. BIMCホスピタル

    バリ島旅行専門バリスタイルが南国の楽園バリ島を血液透析が必要な患者も楽しめるリゾートツアーの販売を開始