コモ・シャンバラ・エステート/ウマbyコモホテル来社16夏編

2016/06/22
コモシャンバラ営業バリ島のウブド地区北部に建つ「COMO SHAMBHALA ESTATE(コモシャンバラエステート)」よりRegional Director of Sales-BaliのSanti Trianaさんと同じくバリ島ウブド地区のチャンプアン川の渓谷沿いに建つ「Uma by como ubud(ウマ・by・ウブド)」よりGeneral ManagerのGede Suteja氏、及び両ホテルの日本セールスオフィス(株)ファルーカより代表の山田 昇 氏がバリスタイルへご来店頂きました。
お忙しい出張スケジュールの中、バリスタイルまで足を運んで頂き、誠にありがとうございました。
「COMO SHAMBHALA ESTATE(コモシャンバラエステート)」は敷地面積9ヘクタールの広大な敷地にわずか30の客室を所有する最高級ヴィラ系ホテルです。
このホテルのレジデンスは5つ村(ユニット)に別れ、それぞれ「風」「水」「火」「地球」「森」のテーマ毎にヴィラやスイートルームが形成されてます。
・風の歌(Bayu gita):コモスイート1室、テラススイート2室、ガーデンルーム1室
・清流(Tirta Ening):コモスイート1室、テラススイート3室
・火の音(Tejasuara):コモスイート1室、テラススイート3室
・大地の子の家(Umabona):コモスイート1室、テラススイート2室、ガーデンルーム1室
・霧の森(Wanakasa):コモスイート1室、テラススイート2室、ガーデンルーム2室

44165204-H1-Ojas_lounge_2各レジデンスにはプライベートプールとリビングが完備されてますので、グループなどの滞在には適していると言えるでしょう。但し、日本人のカップルや新婚旅行ではこのレジデンスよりは一棟一棟が独立している「リトリートヴィラ」がお薦めです。

「リトリートヴィラ」は1ベットルームヴィラ/2ベットルームヴィラ/3ベットルームヴィラがそれぞれ独立しており、各ヴィラにプライベートプールが付いております。レジデンスよりはこちらのリトリートヴィラの方が日本人に適しているかも知れませんね。

44165889-H1-sitting_yoga現在ホテルには日本人スタッフは常勤しておりませんが、7月より「日本人アクティビティーマネージャー」が着任されるとの事です。
その他、デトックス専門アドバイザーが5人常勤するなど、女性に限らずの美に力を入れたプログラムなども充実しております。

Uma pool「Uma by COMO(ウマbyコモ)」はウブドの中心地より車で約15分程走ったチャンプアン川の渓谷沿いに建つホテル。
ウマルームが4室、テラスルームが18室、ウォーターガーデンルームが10室、プールスイートが4室、ウマヴィラが1棟、ウマプールヴィラが8棟、コモヴィラが1棟の全46の客室を所有する自然派リゾートホテルです。
Uma Activity UMA mountain biking近くにはネカ美術館がありますので、ウブドへ訪れた事がある方は知らないうちにUma by COMOホテル前を通っているかも知れませんね。
清浄な空気や水の流れる音など、敷地内ではバリ島の心地よさを五感で感じる事が出来ます。

お部屋は白木の家具や、刺繍のファブリックなど全てオフホワイト基調となってます。
このホテルもコモ・シャンバラ・エステートと同様に「心と体を元気にする癒しのエッセンス」が用意されており、ハネムーナーやカップルを始め、健康思考のお客様やヨガグループ等々・・・幅広いお客様から高い支持があるホテルです。

ホテルには4つのレストランとバーがあり、チャンプアン川を望むロケーションにヨガパヴィリオンありますし、メインレストラン脇の池には鯉が泳いでいるなど日本庭園の様な趣もあるホテルです。

Santi Trianaさん、Gede Sutejaさん、山田 昇さんこの度はバリスタイルへお越し頂きまして本当にありがとうございました。

COMO SHAMBHALA ESTATE オフィシャルホームページ

Uma by COMO オフィシャルホームページ

お問合せは・・・バリ島旅行専門バリスタイル
電話:03-5830-1221
e-mail: info@bali-style.co.jp
HP:http://www.mydoo.com/

関連記事一覧

  1. ヴァイスロイバリ全景

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP