2024年ゴールデンウィークは混んでいる?

気が付けば2023年も残りわずか1ヶ月。今年はコロナ渦が収まり、海外旅行が解禁され11月からはようやくバリ島への直行便が毎日運航されるようになりました。この年末年始も多くの方がバリ島へ旅行されます。
しかしながら、お仕事の都合などまだバリ島へ行くことが出来ない方も来年こそは!とお考えでしょう。

今回はそんな方が気になっているであろう2024年のゴールデンウィークは混みあうのか、すでに混んでいるのか?についてご案内いたします。是非来年のカレンダーを見ながらご覧ください。

2023年12月6日現在の状況です。状況は変わりますのでご了承ください。

まずはガルーダ・インドネシア航空のビジネスクラスから。

4月26日(金)から5月3日(金)までの出発で、満席なのは4月27日(土)のみです。やはりGWスタートの土曜日は人気です。
その次に混んでいるのは5月2日(木)で残席は5席です。

4月30日(火)から5月7日(火)までの帰国(成田到着日です)ですと、現在満席の日はありません
ただ5月5日(日)は残席が2席。意外にも7日(火)の残席が1席と一番人気です。

次はガルーダ・インドネシア航空のエコノミークラスです。

4月26日(金)から5月3日(金)までの出発で、満席なのは4月27日(土)のみです。ビジネスクラスと同じですね。
残席が減っているのは4月28日(日)と5月2日(木)です。

4月30日(火)から5月7日(火)までの帰国(成田到着日です)ですと、こちらも現在満席の日はありません
ただ5月5日(日)と6日(月)は残席が減っていて人気があります。

ここで1つご了承いただきたいのが、料金についてです。空席はあっても航空券代金が同じというわけではありません。
残席が減っていくと金額が高くなっていきます。早い物勝ちと言っていいでしょう。
また4月以降の航空券代金はまだ確定はしておりません。
お休みが確実に取れるか分からないという方でも、可能性があれば先に予約だけしておくことを強くおススメします!

ホテル予約状況について

現在バリ島にはイギリスやフランス、ドイツなどのヨーロッパ圏からの旅行者、シンガポールやマレーシアなどのアジア圏からの旅行者、そして最も多いオーストラリアからの旅行者と、たくさんの人が渡バリしてきます。それらの方は予約行動を始めるのが早く半年前は当たりまえ。さらにコロナ渦からの回復は日本よりも早く、海外旅行の需要はとても高くなっています。ですので、日本人以外の旅行者によってすでに満室または希望のルームカテゴリーは空いていないというホテルも出ています。

2024年4月26日(金)から2024年5月6日(月)までの宿泊期間で空室のあるホテルの一例
カッコ内は部屋カテゴリー名です。

【ジンバラン地区】
フォーシーズンズリゾート・バリ・アット・ジンバランベイ(カテゴリー:ジンバランベイ・ヴィラ)
アヤナ・ヴィラズ(1ベッドルームオーシャンビュークリフヴィラ)
ベルモンド・ジンバラン・プリ(ガーデンビューコテージスィート)

【ヌサドゥア地区】
ザ・ムリア(ザバロンオーシャンフロント)
ザ・バレ(シングルパビリオン)
サマベ・バリ・スィーツ&ヴィラズ(オーシャンフロントスィート)

【サヌール地区】
タンジュン・サリ(ビレッジバンガロー)
グリヤ・サントリアン(ガーデンウィング)

【スミニャック地区】
ザ・サマヤ・スミニャック(1ベッドルームプールヴィラ)
ジ・オベロイ・ビーチリゾート・バリ(ラグジュアリーラナイガーデンビュー)

【ウブド地区】
コマネカ・アット・モンキーフォレスト(スィート)
マンダパ・リッツ・カールトン・リザーブ(リザーブスィート)

皆さんご存知のとおり、バリ島には多くのホテルがありますのでいつ予約したとしても泊まるホテルが無いということはありません。しかし、皆さんホテルにこそ、こだわりが強いのではないでしょうか?
ご希望のホテル、部屋カテゴリーがある場合には、早めに予約することをおススメいたします!

コロナ前はゴールデンウィークなどの人気がある期間は半年前にはすでに満席となっていることも多かったのですが、今は予約を始める時期が遅くなっていますね。遅いだけで人気が無いわけではなく、潜在的な希望者は多いと思われますのでこれから予約が増えていくことでしょう。バリ島に限らず海外への旅行需要は徐々に戻っていることから、来年のゴールデンウィーク以降は今は空席があっても徐々に減っていくことが予想されています。長い間コロナ渦で旅行を制限されていましたが、2024年のゴールデンウィークは数年ぶりの規制の無いゴールデンウィークとなります。今まで我慢していた海外旅行への需要は大きく高まることでしょう。ご希望の方は可能なかぎり早めに動き始めるのがよいででしょう。

関連記事

  1. 活気に溢れるバリ島の台所、パサール・バドゥン

  2. 海外旅行傷害保険のススメ

  3. マングローブの森でカヌー体験