パドマリゾート・ウブド来社15夏編

2015/6/03
パドマバリ島レギャン地区に建つ「パドマリゾート・レギャンホテル」よりDirector of Salesの山口紫穂さんと、日本総代理店「マックマーケティング社」のSales村澤佑希さんが来社されました。
限られた出張スケジュールの中、バリスタイルまで足を運んで頂きまして誠にありがとうございました!
バリ島一番の繁華街であるレギャン地区のビーチ沿いにオープンして今年で四半世紀を迎える「パドマリゾート・レギャンホテル」。
多くのリピーターに高い支持があるこのホテルは2014年〜2015年の上半期に掛けて【S.K.A.I Beach Club】や【ファミリールーム棟の新設】等、最新施設をオープンさせ、話題を集めました。特に【S.K.A.I Beach Club】では“−2度のビールが飲めるビーチクラブ”として宿泊者に限らず、外部からも多くのお客様が足を運び、毎日サンセットの時間帯は席を確保するのも困難になるほどの盛況ぶりです。
skai-beach-club

その「パドマリゾート・レギャンホテル」が2015年8月16日(日)にウブド地区へ新たに「パドマリゾート・ウブドホテル」をソフトオープンさせます。
今回、山口さんと村澤さんのセールスコールは「パドマリゾート・ウブドホテルのご紹介」に比重をおかれているとの事でございました。
「パドマリゾート・ウブドホテル」はウブド中心地より北へ更に車で約30分程北上したパヨガン地区に現在建設中です。
Padma Resort Ubud -Building「プレミアルーム104室」「コーナープレミアルーム39室」「1ベットルームスイート4室」「コーナー1ベットルームスイート1室」「2ベットルームスイート1棟」の全149室の客室を所有するビルディングタイプの大型リゾートホテルとなります。
お部屋の広さも一番小さなプレミアルームで59㎡と、とても余裕のある造りをしております。

元々何もなかったジャングルを切り開いて建設をした為に、ホテルの周りは徒歩でお買い物やお食事が出来る施設はございません。その代わり、ご宿泊を頂けたお客様が滞在中に飽きることが無いようにレストランのメニューの充実化を図り、また、ホテル内では思考を懲らしたアクティビティなども考案中との事です。まだ具体的には発表がされておりませんが、例えばホテル内で野菜を栽培し、その野菜で作った料理をご提供されたり、アユン川で釣りをして釣れた魚で料理をしたり等々・・・正式な発表が待ち遠しいですね!
POOL BARALL DAY DINNING PADMA RESORT UBUD (2) 突然ではありますが、ウブド地区に建つ多くのホテルに共通してある悩みの一つに「プールの水が冷たくてあまり入れない」という事があります。
“常夏バリ島”の中でもウブド地区は山のリゾートとして人気があります。
標高が高い為に、朝晩とても涼しくて過ごしやすいというのがこのエリアの人気の理由の一つに挙げられますが、その為、ホテルにプールが付いていても「寒くて入れなかった・・・」という声をたまに耳にすることがあります。その点、「パドマリゾート・ウブドホテル」のプールはヒーターを入れて温度調節をする設備を導入されるとの事でした。「プールにヒーター?」を思う方も多いと思いますし、現に私も???という感じです。山口さんと村澤さんへ仕組みをお尋ねしたのですが、残念ながら私の頭では理解する事が出来ませんでした。まぁ、要は「プールの水が冷たくて入る事が出来ないような事態にはなりません!」という事の様です。疑問に思っている方はまずは8月16日以降にご宿泊して頂き、プールへ入って実際に体験をしてみて下さい!きっと「プールにヒーター」をいう意味を理解して頂けると思いますよ。

RECEPTION  PADMA RESORT UBUDPREMIER ROOM BEDROOM
今年の夏にウブド地区の郊外にソフトオープンする「パドマリゾート・ウブド」

現在はルーム代金等も決まっておりませんのでツアーを造成する事は出来ませんが、近いうちに恐らくオープニングレートが出てくると思います。
その暁にはバリスタイルでも大きく宣伝をし、ツアー造成を致します!
是非ご期待下さい。

山口さん、村澤さん本日は本当にありがとうございました!
そして引き続き情報提供をお願い致しますね♬

パドマリゾート・レギャンホテルへご滞在するプランはこちらをクリック♬

テリマカシーバニャ!

Hotel official page

 

 

関連記事一覧

  1. ヴァイスロイバリ全景

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP